違法ピストバイクの公道危険走行取り締まりでついに芸能人が摘発された。チュートリアル福田充徳が違反切符を切られる。

駐車場の高い都内、通勤ラッシュの満員電車に乗らなくても移動できる。
大地震や台風で電車が止まっても、自転車で通勤していれば帰宅難民にならなくて済む。
しかもエコ。

交通手段として自転車を選ぶ人が急増している中、一方で運転マナーの悪さや事故のニュースが頻繁に取り立たされている。

運転マナーの悪さの中には、信号無視や歩道走行、斜め横断や車道の逆走行など様々だが、公道を走行するのに義務付けられているブレーキを装備しない競技用自転車ピストバイク
を、「おしゃれだから」「カッコ良いから」と、ファッション性を重視するという身勝手な理由だけで装備されているブレーキ取り外し走行する人が次々と摘発されている。

9月28日には東京都内で、お笑いコンビ「チュートリアル」の福田充徳さん(36)も同種の自転車で交通切符を切られた。福田は片方の車輪だけブレーキが付いていれば大丈夫だと勘違いしていた」と釈明したようだが、自転車で公道を走るには、前・後輪ともブレーキを装着する必要があり、違反した場合は5万円以下の罰金が科される。

ブレーキの整備不良による警視庁の摘発件数は、2009年は2件だったが、10年は661件に急増。今年は8月末までに、前年同期より238件多い614件が摘発されて、自転車の交通違反全体の52%を占めている。9月に入って、愛知や熊本で初摘発されるなど、他県警も取り締まりを強めている。

2011年10月1日