東京メトロ東西線に乗車中、急停車の弾みで紙袋に入れた包丁が飛び出して乗客に刺さる。

3日午前8時25分ごろ、東京メトロ東西線の西船橋発三鷹行きの電車内で、60代の男性調理師が紙袋に入れて持ち運んでいた包丁1本が、急ブレーキの弾みで紙袋を突き破り、隣にいた30代の男性会社員の右足に刺さった。会社員は軽傷。

警視庁丸の内署は、過失傷害の疑いもあるとみて、調理師から詳しい事情を聴く。

同署によると、調理師は仕事に使う包丁3本を持って乗車。2本をタオルで、残り1本をビニールラップにくるんで紙袋に入れ、右手に持っていた。

電車が日本橋駅を出た直後、急ブレーキがかかり、弾みでビニールラップにくるんでいた包丁1本の先端が紙袋を突き破って、会社員に刺さったという。

まさか通勤ラッシュに乗り合わせた隣の客が、たとえタオル等で包まれていたとしても、まさかの事態で包丁が飛んでくる感覚。恐いだろうけど、どうやって防げば良いのだ?

2011年10月3日