変えたばかりなのにまた改名!?JR高松駅⇒さぬきうどん駅⇒さぬき高松うどん駅に

先日、JR高松駅の名前を「さぬきうどん駅」に改名したことが発表され、驚かされたのも束の間、高松市の玄関口でもある駅の名称に“高松”が入っていないことに反論したのは高松市の大西市長。

また、高松駅は瀬戸大橋を通して岡山県と繋がっており、香川県の玄関口にも値する。
「香川はうどんだけじゃない」との声もあり、駅の名称を「さぬき高松うどん駅」とすることを発表した。

香川県といえば、2011年、地元出身の俳優・要 潤さん(31)などを起用した「うどん県CM」が話題を呼んでいる。

今では、香川県ではなく、うどん県でも郵便が届くまでになっているのも驚き。

高松空港では、手荷物受取所のベルトコンベヤーにうどんが回り、お品書きにのれんも用意されているほか、町では、うどんタクシーも登場している。
「さぬき高松うどん駅」の駅員はうどん柄のネクタイや、うどんをデザインしたバッジを着用する。

まさに、うどん一色の高松市、そして香川県。
しかし讃岐うどんは全国でもそこそこ認知度はあるはず。
今更ながらに、うどんを売り出さなくても良いのでは?とも思うのだが、その思惑は?

1000円高速が終了し、車での観光客は確かに減ったと思われます。
フェリーも廃業が続く今、電車に目をつけたのでしょうかね。

2012年3月30日